2010年06月23日

聖数「7」の謎

「4と5を用い3を開けても、6の力が加わったとしても、
6なる数が7と9の影響下に無い場合、封印された智慧と力は無に帰す」


数霊で「7」は「成る」「生る」「鳴る」などの意味を持つが、このメッセージに出てくる「7」にはシックリ当てはまらない。
「7」について、アリオンは次のようなヒントを与えている。

「読みは四と三」

「黄泉は四三」


アートライン・プロジェクトは次のように解釈している。

「アマテラスの義弟たちと、その後の歴史を形作った人間を用いて、
日向の封印を開けても、祖土の力が加わったとしても、
祖土の力が、黄泉帰ってくる出雲族とニギハヤヒの影響下に無い場合、
封印された智慧と叡智は無に帰す」


黄泉とは「死者の国」のことで、出雲族が封印された世界だと言える。
そして、黄泉から帰ることを甦る(蘇る)という。
黄泉は「夜見」に通じ、「月読命」を暗に示しているようにも思える。
『竹内文書』によると、スサノオとツキヨミは同一人物だったらしく、カバラでは月は九(ニギハヤヒ)でもある。

しかし、6が「太陽(又は地球)」を表す数字なら、7は「金星」、9は「月」を意味しているとも考えられ、それを当てはめると次のような解釈ができる。

「アマテラスの義弟たちと、その後の歴史を形作った人間を用いて、
日向の封印を開けても、太陽(又は大地)の力が加わったとしても、
太陽(又は大地)の力が、金星と月の影響下に無い場合、
封印された智慧と叡智は無に帰す」


金星(明けの明星)はルシファーの象徴であり、ルシファーは「7」つの頭を持つ蛇だとされている。
ただ、数字に天体を当てはめても意味がよく理解できない。
また、「7」は3と4でもあり、「345の封印」の「3」と「4」を意味している可能性もあるが、今のところハッキリした事は分かっていない。
posted by チェンリー at 16:39| Comment(0) | ルシファーの封印解除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]