2010年06月25日

最高位の魔術「9」

「更に、9は4と5に分けられることに注目せよ。
且つ、9と4は大事な力の交点を示すことに注目せよ。
3に必要なのは、始めに4と5、そして4と3であり4と5である」


一行目の数字に意味を当てはめると「ニギハヤヒはアマテラスの義弟たちと現代人に分けられる」となるが、これでは意味が通らない。
この数字にカバラの数字が表す天体を対応させると次のようになる。

「月は木星と火星に分けられることに注目せよ。
且つ、月と木星は大事な力の交点を示すことに注目せよ。
土星に必要なのは、始めに木星と火星、そして木星と土星であり木星と火星である」


ノストラダムスの予言詩のようになったが、やはり意味不明である。
また、次のようにも示されている。

「9は5は4と1、3と2に分けられる」

ますます難解になってきた……。
アリオンは「9」について、次のようにも言っている。

「人間が地上での魔術において到達できる最高位の数字」

真の闇帝王(アマテラスの義弟たち)が施した封印は、日本列島のエネルギーを呪縛したという意味で、最高位の魔術だと言えるだろう。
また、日本列島が世界の雛型である事を考えると、地球そのものが呪縛されていると言っても過言ではない。
そして、「出雲族と日向族の対立」は「東洋と西洋の対立」に比定できる。
この場合、東洋が出雲族、西洋が日向族という関係である。

日向族が出雲族を封印したように、西洋の骨抜き政策によって、日本人の大和魂は抜き取られてきた。
そして、西洋文明が主導で世界が回る世の中が建設されてきた。
いずれも、ヤフェトメーソンのドン(ロスチャイルド家を中心とするユダヤ財閥)による世界支配戦略である。

ロスチャイルド家はダビデ王の末裔と言われており、その紋章は天皇家の家紋と同じ「ライオン(獅子)とユニコーン(狛犬)」である。
天皇家とロスチャイルド家が同族であれば、日向族の日本征服を雛型として、ロスチャイルド家の世界支配があると考えられる。
彼らもまた、カバラや魔術を極めたオカルティストなのだ。

さて、9を「最高位の魔術」だとして、先の預言をアートライン・プロジェクトが解読した内容は次のようになっている。

「アマテラスの義弟たちが施した封印(九)を解く為に、始めに、アマテラスの義弟たちが行なった封印によって隠蔽された史実(四)と、その上に生きてきた私たちの歴史(五)を認識することが必要である。
そして、封印が解かれ、黄泉(四と三)からよみがえる(黄泉帰る)出雲族の末裔の中に、神の力を受け継いだ天国の人(アダムカドモン「四」)にまで遡り、正史に基づいた新たな歴史(新たなる五)を作り出す民人が必要である」


それに続く「且つ、9と4は大事な力の交点示すことに注目せよ……」の箇所に関しては「櫛の歯合わせ」や「合わせ鏡の神事」などの知識が必要になるらしく、今のところ我輩の知識では解読が不可能である。
posted by チェンリー at 14:25| Comment(1) | ルシファーの封印解除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
6と9という合わせ鏡。


Posted by のぶ at 2016年04月03日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]