2010年06月29日

封印は古代遺跡に施された!?

「三四五の封印」の謎は今のところ解けないが、封印の解除が具体的にどういうものかについて、我輩の見解を述べておきたい。

まず、解体作業も建築業(フリーメーソン)の仕事である。
だが、常識的に考えて、神社を破壊したり、御神体を取り出したりといったことは出来ない。
鳥居の解体や注連縄の撤去も、庶民がやるべき事ではない。
という事は、物理的な封印解除は神社そのものではないと考えられる。

では、祠が封印解除のキーなのだろうか。
祠に祀られている石を取る(移動される)くらいなら、やろうと思えば不可能ではない。
フリーメーソンだった福沢諭吉も、少年時代に悪戯で祠の石を道端の石と入れ換えたりしている。

edtk.JPG

だが、祠がキーポイントになっているとは考えにくい。
祠の御神体に何らかの神霊が宿っていたとしても、それとパワースポットの封印との関連性が見い出せない。
また、その御神体を取り除くことが封印解除とは思えないし、祠を解体する訳にもいかない。
そもそも、祠の解体が封印解除になるとは考えにくい。

だが、「石」というのはキーポイントになっていると思う。
建設にしろ解体にしろ、フリーメーソンンは「石屋」だからである。
また、封印解除が「岩戸開き」であるなら、それは「岩」が関係しているはずだ。
前項で書いたが、鹿島神社の要石も、地震を起こす大ナマズの頭を押さえる封印だった。
これはまさしく、ルシファーの封印である。

出雲族は日向族と同じアマ族(天孫族)である。
天孫族とは外来系の「天津神」とも呼ばれている。
一方、日本列島の原住民(縄文人)を「国津神」と呼ぶ。
それは主に、シュメール・バビロニアから直接、日本列島に渡来した先住民である。
本来、天津神である出雲族が「国津神」と呼ばれているのは、出雲族が国津神と共に封印されたからだ。
日向族は後の渡来系民族である秦氏と結び付いた為、封印は「神社」に関係するという先入観があったが、それは思い違いだった可能性がある。

CIMG1027ts.jpg

神社神道が形成される以前、アマ族が渡来する以前、縄文人は巨石信仰をしていた。
彼らは日本各地のパワースポットに、モノリスやストーンサークル、岩座を築いて祀っていたのだ。
そのような場所は主に、人工ピラミッドとされる山岳地帯に築かれている事が多く、強力な磁場が働いていて怪光現象の目撃例も多い。

真の闇帝王は、それに封印を施したのではないだろうか。
磐座の注連縄を外すとか、ストーンサークルの周囲の特定の石を1つ取り除くとか、そのような形で封印が解かれる可能性がある。
当然ながら、磐座やストーンサークルが存在する場所に神社が創建されたケースも多いはずだが、決してそうとは限らないということだ。

achi2.jpg

各地の磐座やストーンサークルについては、『神々のピラミッド「黒又山」の謎』の一読をお勧めする。

kwqh.JPG

場合によっては、真の闇帝王が築いた偽物のモノリスを倒壊させる事が封印解除になる可能性もある。
詳細は省くが、同書には忍路環状列石(ストーンサークル)での怪奇譚が載っている。
著書の鈴木旭氏とグラハム・ハンコック夫妻が、調査のためにコンクリートの垣根を乗り越え、夫人のサンサ・ファイーア女史が石碑(モノリス)に抱きついた時、有り得ないことに、100kg以上はあるかと思われるその石碑が倒れて下敷きになったという。

全身の複雑骨折が予想されたが、救急車で病院に運ばれると異状なしで、サンサによると何者かの手がクッションになって支えてくれたという。
著書の鈴木旭氏の見解では、それは神の加護ではあるが、石碑を倒したのも「聖域に侵入した」という神の鉄鎚でもあったという。
だが、こうは考えられないだろうか。
封印された国津神・出雲族とサンサの波長があって、石碑の倒壊(封印解除)という奇跡を起こした……。

osyoro03.jpg

話を要約すると、アマ族は「活火山の多い日本列島が人類の進化に適した土地」だという観測から、日本列島を目指して渡来した。
日本列島の先住民である縄文人は、特に磁場の強く働くエネルギーラインの各スポットに、磐座やストーンサークルを築いて祭祀場としていた。
それは主に、日本最大級の断層が走る「中央構造線」に集中しているようだ。

kouzousen-map.gif

いずれにしても、真の闇帝王は「古代遺跡」に封印を施した可能性が高いと思われる。
まずは、自分の地域の「三」と「ご」の付く地名を探すことが最初の仕事である。
だが、下手に聖域を汚して祟られたりとかいうことがないように、呉々も独断で行動を起こさないように、そして何か気づきがあればコメントに入れて戴きたい。
posted by チェンリー at 03:24| Comment(3) | ルシファーの封印解除 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
閣下…じゃなくてチェンリーマスター!(笑)

この前の入会希望のコメントの事ですが、
上下関係はナシと言うのならば、
尚更に素晴らしく感じていますです^^
もうマスターは普通にお気づきかもしれませんが、
僕の正体はアノ変な中学生ですよ(笑)
Posted by 螢源氏 at 2010年06月29日 18:39
文面で何となく分かっていましたよ・・・
いや、変な中学生ではなく、この時代に稀に見るまともな中学生だと思います^^
Posted by チェンリー at 2010年07月01日 06:51
封印は熔けてきましたよ 今年の式年遷宮ごろにより一層体感できますよ♪
Posted by 蛇神の御使い at 2013年01月12日 03:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]